教育ICT用語

【夏休み】中央大学、中高生対象の科学イベント開催…3Dプリンターなど9コース

教育・受験 学習

レーザーで3D形状を測定し、製品を3Dプリンターで作ろう!
  • レーザーで3D形状を測定し、製品を3Dプリンターで作ろう!
  • 光の実験室
  • 水に関する災害と防災を学ぼう!
  • 電子ビームを使って目に見えない世界を見てみよう!
 中央大学理工学部は、中高生対象のサイエンスセミナーを8月21日に後楽園キャンパスで開催する。参加無料。事前申込み要。

 サイエンスセミナーは、中央大学が毎年夏休みに開催している中高生向けイベント。普段なかなか見ることや触れることのできない実験施設や実験装置を利用して、最先端のサイエンスやテクノロジーを体験できるという。また実験教室だけではなく、学食体験やTeaPartyも行う予定。研究の第一線で活躍する教授や大学生とも交流できる。

 今年のサイエンスセミナーでは、「光の実験室」「水に関する災害と防災を学ぼう!」「レーザーで3D形状を測定し、製品を3Dプリンターで作ろう!」など、9コースを実施予定。定員は5~15名で、同学部の教授・准教授が担当し、観察や測定、実験などを体験する。

◆2014年度 中央大学サイエンスセミナー
日時:8月21日(木)11:00~17:00
会場:中央大学後楽園キャンパス(東京都文京区)
対象:中高生
参加費:無料(昼食付き)
申込方法:Webサイトより
締切:7月8日(火)
※応募者多数の場合は抽選
[実験コース]
・光の実験室
中高生対象、定員8名
・水に関する災害と防災を学ぼう!
中高生対象、定員15名
・レーザーで3D形状を測定し、製品を3Dプリンターで作ろう!
中高生対象、定員5名
・電子ビームを使って目に見えない世界を見てみよう!
中高生対象、定員8名
・電子レンジで光る金属錯体をつくってみよう
中高生対象、定員8名
・好きな写真を3D化してみよう
高校生のみ対象、定員8名
・恐竜時代の植物の組織を観察してみよう
中高生対象、定員10名
・デザインワークショップを体験しよう
中高生対象、定員12名
・脳はくまなく世界を見ているか
高校生のみ対象、定員12名
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top