教育ICT用語

SAPジャパンとエル・コミュニティ、福井県で子ども向けプログラミング教育

教育ICT ソフト・アプリ

子どもがITを使って世の中をよくするプログラム
  • 子どもがITを使って世の中をよくするプログラム
  • エル・コミュニティのホームページ
 SAPジャパンは12月24日、福井県鯖江市のNPO法人エル・コミュニティと協業し、福井県鯖江市および近隣に在住する子ども向けにプログラミング教育を行うと発表した。自己表現力や問題解決能力を養いながら暮らしを改善するためのアプリケーションを開発する。

 プログラミングワークショッププログラム「こどもプログラミングスタートアップ for キッズ sponsored by SAP」では、jig.jpの協力を得て、初心者向けプログラム言語であるBasicの専用プログラミングパソコン「IchigoJam(イチゴジャム)」を利用して、子どもたちにプログラミング教育を行う。福井県の高校生や高等専門学校生、大学生が事前にトレーニングを受講し、高校生らがメンターとして子どもたちにプログラミングを教える。

 IchigoJam作成講座は2015年1月26日(月)、プログラミング講習は毎週木曜日に開催する。参加費は無料。

 SAPジャパンとエル・コミュニティは、子どもたちがアイデアを生み出し、自ら素晴らしい21世紀を創り上げ、将来の可能性を広げていくスキルを身に付けるためのプログラムの提供を目指す。

◆こどもプログラミングスタートアップ for キッズ sponsored by SAP
日時:
【IchigoJam作成講座】2015年1月26日(月)16:30~18:00
【プログラミング講習】毎週木曜日16:00~18:00 ※1月1日は休み
会場:学生連携活動支援施設「らてんぽ」(福井県鯖江市本町2丁目1-11)
参加費:無料
申込方法:エル・コミュニティにメールで申し込む
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら