リセマム6周年

国際デジタルえほんフェア2015開催、7/10まで作品募集

デジタル生活 ソフト・アプリ

国際デジタルえほんフェア2015
  • 国際デジタルえほんフェア2015
  • デジタルえほんアワード
  • 審査員
  • FlyingCat
 国際デジタルえほんフェア2015が8月29日と30日にワークショップコレクション11 inシブヤ会場内で開催される。開催にあたり、デジタルえほん作品を4月8日より7月10日まで募集する。デジタルえほん制作ツールは無料でダウンロードできる。

 国際デジタルえほんフェアは、タブレットや電子書籍リーダー、電子黒板・デジタルサイネージ、スマートフォンなど新しい端末における子ども向けの絵本・書籍、その他デジタル表現である「デジタルえほん」を広く世界から集めて展示するデジタルブックフェア。2014年の開催時には世界40か国から250作品が集まり、世界中に広がる「デジタルえほん」の魅力を伝えたという。

 同フェアでは「第4回デジタルえほんアワード」も開催し、子どもたちにとって「楽しい!見たことがない!世界が広がる!」ような世界各国のデジタルえほんを募集する。審査は、絵本作家のいしかわこうじ氏やきむらゆういち氏、脳科学者の茂木健一郎氏など、さまざまな分野で活躍している審査員8人が行う。

 デジタルえほんアワードでは、デジタルえほん制作ツール「FlyingCat」で作ったオリジナル作品も募集し、「FlyingCat賞」を選出する。「FlyingCat」は、プログラミングなどの技術的な専門知識を必要とせず、だれでも簡単にインタラクティブなデジタルえほんアプリを制作することができるツール。Mac版とWindows版があり、どちらも無料でダウンロードできる。

◆国際デジタルえほんフェア2015
日時:2015年8月29日(土)、30日(日)
会場:ワークショップコレクション11 in シブヤ会場内を予定(東京都渋谷区)
参加費:無料

◆第4回デジタルえほんアワード
【作品募集】
募集期間:2015年4月8日(水)~7月10日(金)
募集作品:「デジタルえほん」作品。アプリ、フラッシュ、AR等、フォーマットや対応端末は問わず、審査する上で鑑賞可能な子ども向けデジタル表現作品や教材。
応募方法:応募作品がダウンロードできるウェブページを作成し、そのURLをエントリーフォームに記載する。詳しくは、デジタルえほんアワードWebサイトの応募要項を参照のこと。
賞典:グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞、FlyingCat賞などを予定
【表彰式】
開催日時:8月29日(土)12:30~13:30
会場:ワークショップコレクション11 in シブヤ会場内を予定
《工藤めぐみ》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)