教育ICT用語

【台風6号】沖縄に接近、12日は広い範囲で激しい雨

生活・健康 その他

台風経路図
  • 台風経路図
  • 暴風域に入る確率
 気象庁が5月11日6時45分に発表した台風情報によると、非常に強い台風6号(ノウル)はバシー海峡を北上し、11日朝には沖縄の南に達する見込み。12日は沖縄・奄美から東日本にかけて広い範囲で激しい雨になるという。

 台風6号は、5月11日3時にバシー海峡にあり、1時間に約15キロの速さで北上している。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっている。

 台風の中心は、11日18時には石垣島の南南西約230キロ、12日6時には那覇市の西南西約80キロに達し、13日にかけて速度を上げながら日本の南海上を北東に進む見込み。11日夜から12日にかけて暴風域を伴って沖縄地方や奄美地方に接近するおそれがある。

 12日は沖縄・奄美から東日本にかけて広い範囲で激しい雨となり、12日6時までの24時間に予想される雨量は、九州北部で120ミリ、沖縄・奄美で100ミリ。土砂災害や低地の浸水、河川の増水、落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要だという。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック