リセマム6周年

タブレット出荷台数24.2%増、シェア1位は5年連続の…MM総研

デジタル生活 モバイル

タブレット出荷台数推移・予測
  • タブレット出荷台数推移・予測
  • 2014年度のタブレット出荷台数シェア
 MM総研は5月21日、2014年度の国内タブレット端末出荷概況について調査結果を発表した。出荷台数は、前年度比24.2%増の929万台。メーカー別の出荷台数・シェアでは、Appleが5年連続の1位を獲得した。

 2014年度通期(2014年4月~2015年3月)の国内タブレット端末出荷台数は、前年度比24.2%増の929万台。2014年度下期出荷台数では、半期別出荷台数として初めて500万台を突破し、516万台を記録した。

 メーカー別では、「Apple」が出荷台数408万台、シェア43.9%で、2010年度の調査開始以来、5年連続の1位となった。2位は「ASUS」、3位は「ソニー」、4位は「富士通」、5位は「NECレノボ」だった。また、OS別台数シェアでは、「Android」が425万台(45.7%)で、2年連続の1位となった。

 2015年度のタブレット出荷台数については、前年度比15.2%増の1,070万台と予測。通期出荷台数で初めて、1,000万台を超える見通しだという。それ以降も、2016年度1,180万台、2017年度1,280万台、2018年度1,360万台と、右肩上がりの伸びが予測されている。

 MM総研では、「今後はセルラータブレットの拡大が市場をけん引することで、タブレット市場は堅調に増加していくだろう」と分析している。
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)