教育ICT用語

ECC、タブレットで1日15分の英語教育…幼稚園・保育園向け

教育・受験 学習

パパッとえいご
  • パパッとえいご
  • 2・3歳児用プログラム
  • 4・5歳児用プログラム
  • パッケージ内容
 ECCは、幼稚園・保育園向けのタブレットによる英語教育サービス「パパッとえいご」を提供している。英語経験のない先生でも、簡単な操作で英語教育に取り組めるカリキュラム。年間を通してのライセンス契約販売となっている。

 「パパッとえいご」は、幼児の発達特性に合わせた英語教育プログラム。4・5歳用プログラムと、新登場の2・3歳用プログラムが用意されている。言葉をどんどん吸収する時期の2・3歳児は、遊びながら英語をたくさん聞けるようになっている。思考を伴う会話のやり取りができるようになる4・5歳児は、より多くの英単語やフレーズを聞いて、発話することを促進するという。

 1レッスンは5~15分に設定できるので、登園後や昼食後、降園前など、園のスケジュールにも組み込みやすくなっている。利用園へのアンケートでは、週5回使用しているという園が52.6%と、もっとも多かった。週1回の予定で開始したが、開始後毎日実施するようになったという園もあるようだ。

 レッスン導入後に気になることは専任教育アドバイザーに相談できるほか、レッスンのようすを動画撮影して送ると、レッスン内容の診断とアドバイスが受けられる。導入園向けの専用サイトも用意されるので、復習用の「ワークシート」や、保護者向けの「えいごだより」などをダウンロードすることもできる。

 ライセンス年間使用料は、2・3歳児向け、4・5歳児向けライセンス使用料ともに、各24万円(税抜)。2台目以降追加ライセンス使用料は14万4,000円(税抜)となっている。

 希望する園には、体験用端末を無料で貸し出すほか、専任のスタッフが園に訪問して無料でデモンストレーションを実施している。これらの申込みは、Webサイトから受け付けている。

◆パパッとえいご
ライセンス年間使用料:
2・3歳児向けライセンス使用料/24万円(税抜)
4・5歳児向けライセンス使用料/24万円(税抜)
2台目以降追加ライセンス使用料/14万4,000円(税抜)
※2台目以降の料金は、2・3歳児向けまたは4・5歳児向けどちらかの導入時に複数端末を希望する際の追加価格
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top