教育ICT用語

家庭教師のトライ、無料オンライン授業「Try IT」配信

教育・受験 学校・塾・予備校

無料オンライン授業「Try IT」
  • 無料オンライン授業「Try IT」
  • 「Try IT」のおもな機能
  • 添削指導サービス添削例
  • 家庭教師のトライ
 「家庭教師のトライ」などを運営するトライグループは7月21日、無料オンライン授業「Try IT(トライイット)」の配信を開始する。家庭教師サービスをオンライン化し、質問機能などを備えている。会員登録や映像授業視聴はすべて無料で、質問は1回500円(税別)で利用できる。

 同グループによると、「Try IT」は映像授業をオンライン上で無料配信し、質問に家庭教師がオンラインで答えるという業界初のサービス。多忙化する中学生のニーズに合わせ、授業は15分程度に設定。空いた時間を利用して効率的に学習できるという。

 映像授業でわからないことがあれば、スマートフォンを振るだけでわからない部分を可視化し、質問できる「Try IT」機能を装備。パソコンやタブレット端末でも、ボタン1つで「Try IT」機能が利用できる。

 質問に対しては、家庭教師がオンライン上で個別の添削により回答。映像授業だけでなく、生徒が自習で使っている教材、学校や塾の教材についても質問できる。

 会員登録と映像授業視聴は完全無料。中学3年間分の授業が見放題となる。質問は、1回につき500円(税別)で利用可能。7月21日から、中学生を対象とした英語、数学、理科、社会の4教科の授業を公開し、今後は高校生や小学生を対象とした授業も配信していく予定だという。

 授業映像は、すべて学校の教科書に沿ったカリキュラムで組まれている。大多数に向けたマスプロ授業の形態ではなく、1対1の距離感が工夫されており、学校の授業はもちろん、塾や通信講座など、あらゆる教材と併用することで、より効果的な学習ができるとしている。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック