教育ICT用語

外国語学習ビジネス、eラーニングと幼児向け英会話教材が好調

教育・受験 その他

語学ビジネス市場分野別市場規模推移
  • 語学ビジネス市場分野別市場規模推移
  • 調査要綱
 矢野経済研究所は7月29日、「語学ビジネス市場に関する調査結果2015」を発表した。2014年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、前年度比100.5%の8,131億円。このうち、eラーニングと幼児向け英会話教材市場が好調だった。

 同調査は2015年4月から6月の期間、外国語学校、出版社、電子辞書メーカー、ソフトウェアメーカー、eラーニング事業者、通信教育事業者、語学学習教材販売事業者、資格試験運営団体、留学斡旋業者、通訳・翻訳ビジネス事業者などを対象に、専門研究員による面談取材や、電話・FAXによるヒアリングと文献調査を併用して実施された。

 2014年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、事業者売上高ベースで前年度比100.5%の8,131億円。なかでも、eラーニングと幼児向け英会話教材市場が好調で市場全体を牽引したが、ソフトウェア市場、通信教育市場、電子辞書市場が大幅に減少したため、全体としてはほぼ横ばいで推移した。

 2014年度のeラーニング市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比115.4%の75億円。なかでもSkypeなどを活用した英会話サービスを提供している主要事業者が、大きく売上を伸ばしたという。2015年度の同市場規模は、前年度比106.7%の80億円と予測されている。

 2014年度の幼児・子ども向け外国語教室市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比104.0%の990億円。背景には、文科省が2013年12月に公表した小中高等学校を通じた英語教育全体の抜本的充実を図るための計画により、保護者層の早期英語教育への関心の高まりがあるという。2015年度の同市場規模は、前年度比111.1%の1,100億円と予測されている。

 2014年度のプリスクール市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比104.0%の310億円。週1~2回でも利用可能なプリスクールも増加していることから、主要ターゲットが広がっているという。2015年度の同市場規模は、前年度比112.9%の350億円と予測されている。

 2014年度の幼児向け英会話教材市場規模は、事業者売上高ベースで前年度比107.4%の290億円。保護者層の早期英語教育への意識の高まりにより、市場規模が拡大傾向にあるが、幼児・子ども向け外国語教室やプリスクールとの競争が激化することから、2015年度の同市場規模は、前年度比で横ばいの290億円と予測されている。

 2015年度の語学ビジネス総市場規模(主要14分野合計)は、前年度比101.7%の8,271億円と予測。Eラーニングや幼児・子ども向けサービス(幼児・子ども向け外国語教室、プリスクール、幼稚園・保育園向け英語講師派遣市場、幼児向け英会話教材)を中心に、堅調に推移すると考えられている。
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)