教育ICT用語

【台風18号】9日に接近、局地的に激しい雨

生活・健康 その他

台風情報
  • 台風情報
  • 台風経路図
 気象庁が9月8日9時50分に発表した台風情報によると、台風18号は父島の西約400キロを1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいる。9日には西日本と東日本に接近し、関東甲信地方では10日にかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込み。

 台風18号(アータウ)は、中心付近の最大風速が18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の北東側220キロ以内と南西側170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風から流れ込む湿った空気の影響で、本州付近に停滞する前線の活動が活発化している。台風18号は引き続き日本の南海上を北上し、9月9日には西日本と東日本に接近する見込み。台風や前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、関東甲信地方では、10日にかけて大気の非常に不安定な状態が続くと予想される。

 関東甲信地方では断続的に激しい雨が降り、9日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るところがある見込み。9日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、関東地方南部150ミリ、関東地方北部80ミリ、甲信地方南部150ミリ、長野県の北部と中部120ミリ、伊豆諸島180ミリ。

 その後、9日6時から10日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで200~300ミリ。10日にかけて雨量はさらに増えるという。気象庁は、土砂災害、河川の増水、はん濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけている。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら