教育ICT用語

【シルバーウィーク2015】宇宙朝顔の種を90家族に無料配布

趣味・娯楽 その他

宇宙あさがおの種プレゼント
  • 宇宙あさがおの種プレゼント
  • 種子島宇宙センター内の宇宙科学技術館
 JAXA種子島宇宙センターは9月19日から26日の期間、宇宙あさがおの種をプレゼントするキャンペーンを実施する。シルバーウィーク限定の企画で、同宇宙センター内の宇宙科学技術館に来場した小中学生を含む家族が対象。先着90組まで配布され、なくなり次第終了となる。

 宇宙あさがおは「明後日あさがおプロジェクト」により、2009年に種子島宇宙センターで育てられたあさがおから種を採取。2010年4月、国際宇宙ステーションへ向かう山崎直子宇宙飛行士とともに、宇宙へ飛び立った。約15日間宇宙に滞在し、地球を238周したという。今回配布されるのは、この宇宙あさがおの子孫で5世にあたる。同宇宙センターではこれまでも宇宙あさがおの種を配布しており、その種を受け取った人が花を咲かせている。

 種子島宇宙センター内の宇宙科学館では、人工衛星や国際宇宙ステーション計画、天体や惑星など、宇宙開発におけるさまざまな分野について、実寸大モデルやゲームなどを用いて展示・紹介。キッズコーナーも設けられており、家族で楽しめる内容になっている。

◆種子島宇宙センター 宇宙あさがおの種をプレゼントキャンペーン
期間:9月19日(土)~9月26日(土)
対象:宇宙科学技術館の来場者で小中学生を含む家族
定員:家族1組につき1セット配布、先着90組
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)