教育ICT用語

iTeachers TV、同志社中・高の教育ICT環境が整うまで…反田任先生<前編>

教育ICT 先生

iTeachersTV Vol.19:反田任先生(同志社中学校)前編:iTeachersTV~教育ICTの実践者たち~
  • iTeachersTV Vol.19:反田任先生(同志社中学校)前編:iTeachersTV~教育ICTの実践者たち~
  • iTeachers
 iTeachers TVは9月30日、同志社中学校・高等学校の反田任氏による第19回「教科センター方式×iPad×ICTでめざす『学びのNext Stage』」を公開した。同志社中学校・高等学校の特徴や、ICT環境について学べる内容になっている。

 同志社中学校・高等学校の図書・情報教育部主任の反田任氏は、同校のICT委員としてひとり一台のiPad導入やWi-Fiネットワークの構築を進めている。担当教科は英語。同氏によれば、同志社中学校・高等学校の特徴は生徒が授業道具を持って教室を移動する「教科センター方式」やタイムマネジメント能力を養う「ノーチャイム」のほか、整った教育ICT環境にあるという。

 本動画では、2012年から2014年の取り組みを時系列に並べ、スモールステップでiPadをひとり1台に導入するまでの経緯が説明されている。そのほか、全教室に設置されている電子黒板や「DA-WiN(ダーウィン)」と呼ばれる校内のWi-Fi環境、英語や国語の授業でのiPad活用法が披露されている。10月7日に公開予定の後編では、オープンソースのCMSを用いた学習ポータルサイト「NetCommon」についてと、Skypeを利用した英語授業のようすが紹介される予定。

 iTeachers TVは、動画本編後にすぐに使えるICT機器の使い方を紹介する「教育ICTなんでも3ミニッツ」も放送している。今回は、デジタルハリウッド大学院の氏原大氏による「日本の財政の未来をシミュレーションしてみよう」。同氏は、エクセルを利用し「政府債務対GDP比率」グラフを作成。社会や数学の時間のディスカッションに利用できる表の紹介と、利用方法を指南する。

 iTeachers TVは、毎週水曜日夜に動画を更新。番組のほか、番組を作成・配信するiTeachersに関する詳細は同団体Webサイトで閲覧できる。iTeachersは、教育ICTを通じて「新しい学び」を提案する教育者チームで、「現場目線から『教育3.0』の実現に向けたムーブメントを起こしていく」としている。

◆iTeachersTV Vol.19:反田任先生(同志社中学校)前編:iTeachersTV~教育ICTの実践者たち~

《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら