教育ICT用語

【大学受験2016】国公立大の合格最高点・最低点・平均点を更新…河合塾

教育・受験 高校生

河合塾「Kei-Net」
  • 河合塾「Kei-Net」
  • 合格最高点・最低点・平均点一覧(一部)
 河合塾は10月26日、大学入試情報サイト「Kei-Net」に2015年度国公立大学入試の「合格最高点・最低点・平均点一覧」の最新情報を掲載した。大学、学部、学科ごとに配点や最高点、最低点、平均点を一覧表にして紹介している。

 国公立大学の「合格者の最高点・最低点・平均点」は、「北海道・東北」「関東・甲信越(東京除く)」「東京」「北陸・東海」「近畿」「中国・四国」「九州」の7地域に分ける形で、2013~2015年度まで3年分を大学別に掲載している。

 2015年度入試、東京大学の第一段階選抜(900点満点)は、文科一類が最高点878点、最低点534点、平均点731.95点、文科二類が最高点868点、最低点652点、平均点758.26点、理科一類が最高点885点、最低点731点、平均点 801.19点、理科二類が最高点875点、最低点708点、平均点775.89点、理科三類が最高点887点、最低点655点、平均点792.29点。2次を含めた総合も載せている。

 大学によっては、センター試験や2次試験のデータも公開している。Kei-Netではこのほか、過去の一般入試や推薦入試、AO入試の結果などについても見ることができる。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック