リセマム6周年

11/18しし座流星群極大日…2015年の流星群は残り2つ

趣味・娯楽 その他

11/18しし座流星群極大日…2015年の流星群は残り2つ(画像はイメージ) (c) GettyImages
  • 11/18しし座流星群極大日…2015年の流星群は残り2つ(画像はイメージ) (c) GettyImages
  • 気象庁 天気予報 11月18日17時時点
 11月18日はしし座流星群の極大日。午後1時が極大時刻だったことから、国内では今夜の観察に期待が集まっている。観測条件は上弦の月で好条件。1時間あたりの流星数は10とされている。

 国立天文台によると、しし座流星群の流星出現期間は毎年11月10日から25日で、2015年の極大日は11月18日。極大時刻は午後1時のため、観察には欧州が適していた。しし座流星群の1時間あたりの流星数は10だが、過去に多くの流星嵐が記録されていることで有名な流星群だという。

 流星電波観測国際プロジェクトによれば、2001年には日本を含むアジアで1時間あたり2,000個が出現したこともあり、しし座流星群は「火球」が多くとても見ごたえのある流星群である。

 2003年以降は流星数が減っているとされるが、2015年の観測条件は月齢6、上弦の月で好条件のため観測を楽しみにしている人も多いのではないだろうか。11月18日17時時点の気象庁予報では、これからの天気は北海道北部の一部をのぞき雨模様。2015年に観測ができなかった場合は、2016年のしし座流星群極大日である11月17日に期待しよう。

 なお、2015年に観測できる流星群は、三大流星群「ふたご座流星群」と、1年の締めくくりとなる「こぐま座β(ベータ)流星群」。それぞれ一般的に、ふたご座流星群は12月5日から20日、こぐま座β流星群が12月17日から12月25日が出現期間とされている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)