リセマム6周年

大学ブランド力ランキング2015-2016、東大1位に返り咲き

教育・受験 高校生

大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 大学ブランド力上昇ランキングTOP3(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 各項目で1位になった大学(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
  • 「大学ブランド力」と「入学推薦率」「採用意向率」のプロット図(首都圏編)
  • 日経BPコンサルティング
 日経BPコンサルティングは11月27日、「大学ブランド・イメージ調査2015-2016」を発表した。首都圏編の1位には、前年2位の「東京大学」が返り咲いた。2位には前年1位の「慶應義塾大学」、3位は前年同様に「早稲田大学」が入り、トップ3は前年と同じ顔ぶれとなった。

 「大学ブランド・イメージ調査」は 、全国の主要大学455校(医科大学や体育大学、短大などは除外)の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査。調査期間は7月29日~8月30日。今回発表された首都圏編は、有職者(ビジネスパーソン)を対象としたもので、6,630人から回答を得た。

 首都圏の主要大学120校において、「大学ブランド力」の1位に選ばれたのは「東京大学」90.0ポイント。前年より4ポイント上昇し、2位から1位へ返り咲いた。項目別では、「時代を切りひらいている」「他大学にはない魅力がある」など、15項目で1位を獲得した。

 2位は、前年1位の「慶應義塾大学」87.2ポイント。前年からのポイントダウンは0.3ポイントにとどまったものの、順位をひとつ下げた。項目別では、「成功している」「コミュニケーション能力が高い」など、7項目で1位となった。

 3位は「早稲田大学」82.9ポイント、4位は「上智大学」70.0ポイント、5位は「東京工業大学」69.4ポイント。3~5位は、すべて前年ランキングと同じ結果となった。「早稲田大学」は、「チャレンジ精神がある」「好感が持てる」など、6項目で1位となった。

 前回結果からの上昇率1位は、「明治大学」。4.6ポイント上昇し、順位も11位から6位へとランクアップした。上昇率2位は「東京大学」であった。

 このほか、調査では別設問で「入学推薦率(その大学への入学を薦めるか)」や「採用意向率(その大学卒業者の採用を受け入れたいか)」も聞いているが、いずれも「大学ブランド力」と強い相関があることが認められているという。

◆大学ブランド力ランキングTOP20(首都圏編・ビジネスパーソンベース)
※()は前年の順位
1位(2):東京大学 90.0ポイント
2位(1):慶應義塾大学 87.2ポイント
3位(3):早稲田大学 82.9ポイント
4位(4):上智大学 70.0ポイント
5位(5):東京工業大学 69.4ポイント
6位(6):一橋大学 68.3ポイント
6 位(11):明治大学 68.3ポイント
8位(7):青山学院大学 66.1ポイント
9位(9):東京外国語大学 64.4ポイント
10位(9):お茶の水女子大学 63.9ポイント
11位(12):国際基督教大学 63.5ポイント
12位(8):学習院大学 63.4ポイント
13位(14):立教大学 62.8ポイント
14位(16):中央大学 61.5ポイント
15位(17):横浜国立大学 61.4ポイント
16位(13):津田塾大学 60.9ポイント
17位(15):東京理科大学 60.5ポイント
18位(19):法政大学 59.6ポイント
19位(18):日本大学 57.8ポイント
20位(21):千葉大学 56.3ポイント
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)