リセマム6周年

男児「大和」躍進、「葵」7年ぶり…2015年生まれ赤ちゃん名前ランキング

生活・健康 保護者

たまひよ赤ちゃんの名前ランキング
  • たまひよ赤ちゃんの名前ランキング
  • たまひよ名前ランキング2015(上位10位)
  • 名前に使われた漢字ランキング(上位10位)
  • 名前の読みランキング(上位10位)
 ベネッセコーポレーションは11月30日、2015年の「たまひよ名前ランキング」を発表した。2015年生まれの赤ちゃんでもっとも多かった名前は、男の子は「悠真」(おもな読み「ゆうま」)、女の子は「葵」(おもな読み「あおい」)であった。

 「たまひよ名前ランキング」は、ベネッセコーポレーションの妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」が、2005年から毎年発表しているもの。2015年1~10月に生まれた赤ちゃん19,761人を対象に調査した。

 男の子の1位は、2年連続で「悠真(ゆうま)」。2位は、「湊(みなと)」が前年8位からランクアップした。3位は、前年2位の「蓮(れん)」であった。4位の「陽向(ひなた)」と「大和(やまと)」は、前年のトップ10圏外からの浮上となった。

 女の子の1位は、「葵(あおい)」。前年の4位からランクアップし、2008年以来7年ぶりの1位となった。2位は「結菜(ゆいな)」、3位は「凛(りん)」と「結愛(ゆあ)」。「結」を使った名前は人気があり、6位の「結衣(ゆい)」を含め、トップ10に3つ入った。

 「名前に使われた漢字」ランキングでは、男の子は「太」「翔」「大」の3文字が、7年連続でトップ3を占め、不動の人気ぶりを示した。女の子は「愛」が6年連続で1 位となった。同着1位の「菜」は、前年まで4年連続2位であった。

 「名前の読み」ランキングでは、男の子は「はると」が7年連続のトップ。2位の「ゆうと」も7年連続の2位で、上位の顔ぶれに大きな変動はなかった。最後が「と」で終わる読みの人気が定着し、20位中8つを占めた。

 一方、女の子はひつじ年の影響もあってか、「めい」が初めて1位になった。2位は、前年まで8年連続1位だった「ゆい」。根強い人気ぶりを見せたものの、わずかな差で2位となった。

 ベネッセコーポレーションによると、近年の傾向として、「名前の読み」は人気の響きに集中する傾向が続いているが、同じ響きの名前でも漢字の組み合わせは多様化しているという。

◆たまひよ名前ランキング2015
※()はおもな読み
【男の子】
1位:悠真(ゆうま)
2位:湊(みなと)
3位:蓮(れん)
4位:陽向(ひなた)
4位:大和(やまと)
6位:悠人(ゆうと)
6位:大翔(ひろと)
8位:颯真(そうま)
9位:陽翔(はると)
10位:朝陽(あさひ)

【女の子】
1位:葵(あおい)
2位:結菜(ゆいな)
3位:凛(りん)
3位:結愛(ゆあ)
5位:陽葵(ひまり)
6位:結衣(ゆい)
7位:陽菜(ひな)
8位:さくら
9位:芽生(めい)
10位:咲良(さくら)
《奥山直美》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)