教育ICT用語

就活開始「6月1日」に前倒し決定、経団連が指針を正式発表

教育・受験 大学生

日本経済団体連合会
  • 日本経済団体連合会
  • 採用選考に関する指針
 日本経済団体連合会(経団連)は12月7日、2017年3月卒業予定の大学生らを対象とした「採用選考に関する指針」を発表した。就職活動開始時期を2か月間前倒しして、6月とすることなどを盛り込んでいる。

 対象となるのは、2017年度入社の大学卒業予定者、大学院修士課程修了予定者、短期大学や高等専門学校卒業予定者。採用選考活動の開始時期を現行の「8月1日以降」から「6月1日以降」に変更する。広報活動は「3月1日以降」、採用内定日は「10月1日以降」のままで変わっていない。

 採用選考活動の開始時期については2014年9月、2016年度入社予定者を対象に「8月1日以降」への繰り下げを決めたばかり。経団連では「学生と企業の就職・採用活動が長期化し、それぞれが混乱して負担が増大したため、開始時期の変更に伴う悪影響は顕著なものとなった」との理由から、長期化の要因となった選考開始時期を2か月間前倒しすることを決めたという。

 指針では、留学経験者や卒業時期の異なる学生、未就職卒業者などへの対応を図るため、秋季採用や通年採用など、多様な採用選考機会の提供に努めることも求めている。

 指針の手引きでは、選考活動における留意点として、土日・祝日、平日夕方以降の時間帯の活用など、学業や学事日程へ配慮するよう要請。履修履歴(成績証明書など)の活用についても「検討することが望ましい」としている。

 また、広報活動の開始日より前に実施するインターンシップについては、「採用選考活動とは一切関係ないことを明確にして行う必要がある」と明記している。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック