教育ICT用語

阪神電鉄×読売テレビグループ、近畿圏にプログラミング教室展開

教育ICT 小学生

プログラボ
  • プログラボ
  • 教室イメージ
  • ロボット・プログラミングコースで使用する「教育版レゴ マインドストーム EV3」
  • キッズコースで使用するビジュアルプログラミング言語「ビスケット」
 阪神電気鉄道と讀賣テレビ放送、エイデックの3社は2015年12月、子ども向けの「ロボット・プログラミング教育事業」を共同で推進することを目的に「プログラボ教育事業運営委員会」を結成し、2016年4月に兵庫県・西宮に第1号となる直営教室を開校すると発表した。

 近年、IT知識の習得や論理的思考力、問題解決能力などが身につくとしてプログラミング教育が注目を集め、世界各国で導入されている。日本国内でも義務教育段階からのプログラミング教育の重要性が提唱されていることを受け、このたび、阪神電鉄および読売テレビグループは共同でプログラミング事業を開始。プログラミング教育を通して、未来を担う子どもたちに筋道を立てて物事を深く考える力や目標達成力を身につけてもらい、将来の夢の実現や関西から世界へ羽ばたき活躍してもらうことをねらいとしている。

 2016年4月に開校予定の直営1号教室の名称は「プログラボ(ProgLab)」。「プログラミング(Programming)」と目標に向かって進むことを意味する「プログレス(Progress)」、実験室や研究室を意味する「ラボラトリー(Laboratory)」を合わせ、子どもたちが切磋琢磨する場をつくりたいとの思いから名付けた。

 プログラボは、幼稚園年長から小学2年生対象の「キッズコース」と、小学3年生から中学生対象の「ロボット・プログラミングコース」の2コースを用意。ロボット・プログラミングコースでは、自律型ロボットの製作とプログラミングを通じて課題解決に向けた論理的思考力などを養い、学習の成果として、自律型ロボットコンテストの世界大会であるWRO(World Robot Olympiad)への出場を目指す。

 今後は順次京阪神エリアでの展開を目指すほか、幼稚園や小学校での課外授業なども予定。ロボット・プログラミング教育の裾野拡大のため、WRO国内大会の兵庫県予選会も開催する予定だという。2016年1月9日からは開校に向け体験会を実施。ホームページにて申込みを受け付けている。

◆ロボット・プログラミング教室「プログラボ」
教室名:夙川校(直営1号教室)
場所:夙川グリーンタウン3F ロイヤルコミュニケーション倶楽部 夙川サロン(兵庫県西宮市羽衣町7番30-303)

【ロボット・プログラミングコース】
対象:小学3年生~中学生
月額料金:11,000円(税別)
授業時間:90分授業×月3回

【キッズコース】
対象:幼稚園年長~小学2年生
月額料金:7,000円(税別)
授業時間:50分授業×月3回
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top