教育ICT用語

「子ども向け会社案内」でブランディング、自社の魅力再発見

生活・健康 その他

こども会社案内
  • こども会社案内
  • こども会社案内
  • 制作中のサンプルイメージ
 レンコンデザインは12月22日、子ども向けに編集する会社案内制作サービス「こども会社案内」の提供を開始した。子どもにもわかるように会社の「すごさ」を伝える、新しい形のブランディングサービスだ。

 「こども会社案内」は、多くの子どもが親に聞く「お父さんお母さんは何やっている人?」という仕事内容に関する疑問をヒントにしたもの。子どもにもわかるように「難しくないように」「ちょっと格好つけて」「すごいことを伝える」といった子どもに夢を持たせるための話し方が実は本当の会社の姿かもしれない、という視点から、それらを形にした会社案内を制作する。

 編集コンセプトは「社長が語るうちの会社の自慢」。幼児向けの絵本や産業教本ではなく、小学3~5年生向けの表現で、社長が会社や社員、製品・サービスなど自社を褒める内容で制作する。子ども向けに制作するが、コンセプトに基づくことで、社員の自信やモチベーションアップ、家庭内での認識アップ、地域とのつながり強化、取引先からの再評価など、メリットは大人にあるという。

 子どもの目線で客観的に会社を見つめ直すことで、社長、社員ともに改めて自社の良さに気づき、目指す方向性の最認識にもなるという。いままでの企業ブランディングとは一味違ったアプローチの会社案内は、8ページ1,000部印刷で50万円(税別)から制作できる。そのほかのプランなど詳細はホームページを確認のこと。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)