教育ICT用語

【大学受験2016】私大入試、学部新設やキャンパス移転で志願者増…河合塾

教育・受験 高校生

キャンパス移転する東京理科大(経営)と立命館大(総合心理)の志望動向の変化
  • キャンパス移転する東京理科大(経営)と立命館大(総合心理)の志望動向の変化
  • 学習院大・近畿大の新設学部と近隣同系統学部志望者の成績分布
 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は12月25日、入試・教育トピックスに「2016年度入試直前動向(4)」を掲載した。第4号では、私立大入試のトピックとして、医学部や国際系学部の新設、キャンパス移転、公立大法人化について取りあげている。

 37年ぶりの医学部新設となるのは、東北医科薬科大学(現東北薬科大学)。受験生の認知度はすでに高く、模試段階でも近隣の医科大と比べて遜色ない志望者数を集めている。東京に地方試験会場を設置することもあり、関東地方からの志望者も目立つという。

 近年、私立大でトレンドのひとつとなっているのが、国際系の学部新設。2016年度は、学習院大(国際社会科学)と近畿大(国際)の学部新設が注目されている。両大学とも知名度が高いこともあり、第3回全統マーク模試では学習院大(国際社会科学)で1,500人、近畿大(国際)で1,400人を超える志望者を集めている。

 また、私立大ではここ数年、「郊外から都市部」「4年間同一キャンパスで修学可能」という動きから、キャンパス移転・新設が相次いでいる。来春キャンパスを移転する東京理科大(経営)と立命館大(総合心理)は、入学定員増の影響などもあり、第3回全統マーク模試ではいずれも志望者数を大きく伸ばしている。志望者の出身地域にも変化が出ているという。

 このほか、私立大の公立大学法人化の動きが各地で見られ、2016年度は成美大(京都府福知山市)と山口東京理科大(山口県山陽小野田市)で予定されている。公立大になることで、授業料の値下げも予告されているが、2016年度入試は両大学とも私立大として実施されるため、ほかの国公立大との併願も可能。山口東京理科大では、2016年度のAO入試が前年度比125人増の164人、一般推薦入試(前期)が前年度比172人増の194人となっており、一般入試でも大幅な志願者増が見込まれている。

 Kei-Netでは、「2016年度入試直前動向」と題し、2016年度入試の展望について注目点を数回にわけてホームページに掲載している。
《奥山直美》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら