教育ICT用語

複数の画面で操作、チエルがアクティブラーニング支援オプション新発売

教育ICT 先生

「アクティブラーニング教室構成オプション」を利用したシステム構成例
  • 「アクティブラーニング教室構成オプション」を利用したシステム構成例
  • 先生用操作パネル
  • アクティブラーニング教室での利用イメージ
  • チエル
 チエルは、デジタルHDMI対応のクリアで高品質な画像・音声の転送を実現した画像転送システム「S300-HD(エス300エイチディー)」のオプションとして、グループ学修・発表を支援する「アクティブラーニング教室構成オプション」を追加した。1月12日から販売する。

 チエルでは、教育ICT化促進のひとつとして、高校・大学を中心に、2010年7月に発売したアナログの映像・音声対応の画像転送システム「S300-AV(エス300エーブイ)」および、2013年8月に発売したデジタルHDMI対応のクリアで高品質な画像・音声の転送を実現した画像転送システム「S300-HD」を、合わせて約450校(2015年11月末時点)へ導入してきた。

 今回の「アクティブラーニング教室構成オプション」は、文部科学省が進める「大学改革実行プラン」などにおいて、教員と学生とが意思疎通を図りつつ学生が主体的に学び、知的に成長する課題解決型の能動的学修(アクティブラーニング)を中心とした教育方法への転換が強く求められていることを受け開発されたもの。

 アクティブラーニングの導入にあたっては、学生グループで活用できる複数のプロジェクターや電子黒板、可変式の座席レイアウトが可能な什器などを取り入れたアクティブラーニング教室の整備が進んでおり、教員の発表画面と学生の発表画面の切り替え提示が可能な画像転送システムのニーズも高まっているという。

 「アクティブラーニング教室構成オプション」は、こうした市場のニーズに対応し、教員が提示する画像や音声と学生が発表する画像や音声を、複数のプロジェクターや電子黒板を使って切り替えながら授業を進めることができる。先生操作用のタブレットではタッチ操作で簡単に教員の提示、学生のグループ発表を切り替えることができ、最大8グループまで対応可能。アクティブラーニング型講義や協働学習、発表を支援する。

 販売対象は大学、短期大学、高校などの文教市場。価格は税込162万円ほどとなっている。

◆HDMI対応デジタル画像転送システム「S300-HD」アクティブラーニング教室構成オプション
出荷開始日:1月12日(火)
対象:大学、短期大学、高等学校などの文教市場
価格:アクティブラーニング教室構成/1,621,728円(税込)
※上記価格は、6グループを想定した価格。必要台数分のマスターユニット、アクティブラーニ ング構成用コントローラー、ブランチユニット、エクステンダーの費用を含む。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック