教育ICT用語

【インフルエンザ15-16】ピーク間近か、患者数前週の2倍…秋田で注意報

生活・健康 その他

 厚生労働省は1月7日、2015年第52週(2015年12月21日~12月27日)のインフルエンザ発生状況を発表した。患者報告数3,734人、定点あたり報告数0.76、医療機関受診患者数約4万人となり、前週の定点報告数0.46、受診患者数約2万人から2倍に増加した。

 インフルエンザの定点あたり報告数は、2015年第48週(11月23日~11月29日)の0.17から4週連続で増加しており、第51週から第52週での増加率がもっとも大きくなっている。

 都道府県別に見ると、8県で前週より減少したものの、39都道府県で前週の報告数より増加した。詳細を見ると、秋田県(6.65)がもっとも多く、ついで沖縄県(2.74)、北海道(2.35)、新潟県(1.87)、福島県(1.43)、岡山県(0.85)、兵庫県(0.84)、徳島県(0.84)、和歌山県(0.82)と続いた。なお、国立感染症研究所が発表している「インフルエンザ流行レベルマップ」によると、第52週の段階では、全国のうち秋田県のみ注意報が出ている。

 定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約4万人となり、前週の推計値(約2万人)よりも増加。また、インフルエンザ患者の入院報告数も41例と前週の25例より増加した。

 全国の保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校における休校や学級閉鎖などの施設数は、休校が2施設、学年閉鎖が5施設、学級閉鎖が19施設。こちらについては、いずれも前週より減少した。今後さらに発生のピークを迎えることが予想される。小さい子どもがいる家庭などでは特に注意してもらいたい。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)