教育ICT用語

なぜ集まる?若者の「シブヤ的群衆行動」を調査…W杯やハロウィン

趣味・娯楽 保護者

「シブヤ的群衆行動」統計
  • 「シブヤ的群衆行動」統計
  • 「シブヤ的群衆行動」参加経験者の4カテゴリー分類
  • 「シブヤ的群衆行動」経験者の分類別参加率
  • NTTアド
 NTTアドは、ハロウィーンやサッカーワールドカップ日本代表戦など「共通のテーマでみんなと一緒に盛り上がること」を「シブヤ的群衆行動」と規定し、関東圏在住の16歳~39歳男女を対象としたインターネット調査を実施した。

 2015年のハロウィーンでは、仮装した若者たちが渋谷に集まり、互いに写真を撮り合ってSNSへ投稿するという現象が多く見られた。こうした「みんなで一緒に盛り上がりたい」という志向性が、渋谷のハロウィーンのみならず、ランニングイベントや音楽フェスなどさまざまなトレンドを生み出しているのだという。

 NTTアドの調査では、「シブヤ的群衆行動」参加経験者は全体の43.7%で、女性の割合が高いという結果が出た。参加経験者を「開放的で群れたい派」「開放的だけど群れたくない派」「閉鎖的だけど群れたい派」「閉鎖的で群れたくない派」の4カテゴリーに分類した場合、「閉鎖的だけど群れたい派」がもっとも多かった。

 イベントの種類別に見ると、女性はハロウィーンなどをきっかけとした「シブヤ系」、地元のお祭りなどをきっかけとした「ローカル系」の参加率が高く、男性はサッカーワールドカップ日本代表戦などをきっかけとした「スポーツ系」の参加率が高いという結果が出た。参加目的は、女性は一緒に参加した仲間とさらに関係を深めること、男性はストレスの発散が主目的としてあがっている。

 また、「シブヤ的群衆行動」には、「仮装」や「サムライブルーのユニフォーム」など共通の記号が存在しており、それらを身に着けた写真をSNSへ投稿することにより、瞬時に「リア充」を演出できるのではないかという。これらの調査結果から、「シブヤ的群衆行動」とは自分を「リア充」に見せたい若者たちにとって、効率的なイベントであることがわかる。

 NTTアドでは、2015年のハロウィーンのようすや音楽フェス、ランニングイベントへの取材を加えた調査レポート「空気読本vol.16~『シブヤ』が欲しい若者たち/今、若者たちの間で広がる『シブヤ的群衆行動』とは?」をWebサイトで公開している。
《森井ゆか》

編集部おすすめの記事

特集

page top