リセマム6周年

【センター試験2016】理科1・2で問題訂正、大学入試センターが全教科解答を掲載

教育・受験 高校生

2016センター試験 全教科の正解が出揃った
  • 2016センター試験 全教科の正解が出揃った
  • 予備校別 難易度「理科1」
  • 予備校別 難易度「理科2」
 大学入試センターは1月17日、平成28年度大学入試センター試験の解答を掲載した。理科1の「生物基礎」と理科2の「生物」に問題訂正があるが、解答に支障はないことから配点に変更はない。

 大学入試センターは、1月17日午後21時45分時点で2016年大学入試センター試験の解答を公表している。2日目に実施された教科は、理科1・2と数学1・2。問題訂正があったのは、理科1の「生物基礎」と理科2の「生物」。

 「生物基礎」では、43ページ第3問B問5の記述に2箇所、訂正があった。ひとつめは、eの選択肢内にある化石燃料の大量消費に関し、「地球温暖化や気候変動を引き起こす」とした文末を「引き起こすと考えられている」に訂正。ふたつめは、同問5のbの選択肢に一部誤字があったとし、訂正を行っている。

 「生物」では、75ページ第2問Bの上から2行目の文に誤りがあった。正しくは、「花粉が発芽して伸長する」ではなく、「花粉が発芽して花粉管が伸長する」と訂正されている。大学入試センター試験は、この訂正は正解を導くうえで支障がないことから、配点の変更や特別な配慮は行わない。

 各教科、科目の問題解答は大学入試センターWebサイトにてPDF形式ファイルで公開されている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)