教育ICT用語

宇宙空間では筋肉がやせ細る、JAXAと東北大が解明

教育・受験 大学生

CERISE宇宙実験の概要
  • CERISE宇宙実験の概要
東北大学大学院生命科学研究科の東谷篤志教授と宇宙航空研究開発機構(JAXA)の東端晃主任開発員らは、「きぼう」日本実験棟での宇宙実験で、モデル生物の一つである線虫を微小重力下で育てたところ、筋肉がやせ細ることを遺伝子やタンパク質の解析で発見した。

国際宇宙ステーションでの2度の宇宙実験を通して、宇宙で生育させたモデル生物の一つ、線虫(C. elegans)のからだの変化を分析したところ、運動する頻度が極端に低下し、エネルギー代謝や個々の細胞のなかの骨組み(細胞骨格)も低下する。これらについて2回の異なる宇宙実験から、再現性の良い結果が得られたとしている。

「きぼう」には、同じ細胞を微小重力で育てる実験区と遠心機によって人工的に重力を与えて育てる実験区がある。これら2つの実験区の比較によるもので、重力のあるなしを同じ環境で同時に比較したこれまでにない実験となった。

2つの実験結果により、線虫のような小さく軽い生き物でも、重力は個々の細胞ごとに影響を及ぼすと考えられ、生物は微小重力環境に応じた「からだ」に変化することが強く示唆された。

今回の研究成果は、英国の科学誌ネイチャー・パートナー・ジャーナル「npjマイクログラビティ―」に公開された。

宇宙空間で筋肉がやせ細ることを解明…JAXA

《レスポンス編集部@レスポンス》

編集部おすすめの記事

特集

page top