リセマム6周年

米Google、学習環境整備などを目的に高速ネットサービスを無料提供

教育ICT その他

写真出典:Google fiber Official Blog
  • 写真出典:Google fiber Official Blog
  • Google fiber Official Blog
 Googleは2月3日(米国現地時間)、公共住宅に住む家庭に向けて無料の高速インターネットサービスを提供することを明らかにした。

 Google fiberが公式ブログ「Google fiber Official Blog」で発表した情報によると、米国内のインターネット接続環境は、通信速度が他国に遅れをとっている状況にもかかわらず、世界でもっとも高額であるという。このことが、家庭へのインターネット環境の普及を妨げている。

 Googleは「放課後やSTEM教育の授業でコンピューターを利用し、インターネットを活用することができれば、より多くの子どもがカーン・アカデミーのようなオンライン授業で学べるようになる」と考えている。こうしたことからGoogleは、子どもたちのより良い学習環境の整備などを目的に、Housing and Urban Developmentと協力し、公共住宅に住む家庭を対象に高速インターネットサービスの無料提供を決定した。まずは、米国カンザス州カンザスシティで、1,000Mbps(1G)のサービスを提供する予定だ。

 対象は、カンザスシティの公共住宅「Housing Authority of Kansas City」に住む約100世帯。Googleは最終的に1,300以上の家庭に無料の高速インターネットサービスを提供することを目標としている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)