教育ICT用語

創造力と作文力向上を目指す、学校や学童向け学習支援ツール発売

教育ICT 小学生

ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
  • ことばキャンバス
 Night Zookeeper(ナイトズーキーパー)は2月4日、全国の小学校や学童(アフタースクール)を対象に、パソコンやiPadのWebブラウザで利用できる小学生向け学習支援ツール「ことばキャンバス」を発売した。

 ナイトズーキーパーは、2011年にイギリスで生まれた子ども向けの学習プロジェクトの総称。創造する楽しさを知ることが自己表現や自己解決の力につながると考え、それらをサポートするサービスや環境を世界で提供している。2015年度英国アカデミー賞小学校教育部門にノミネートされたほか、日本では子ども向け英語学習アプリ「クリエイティブイングリッシュ」が、「Best of 2015 今年のベスト」に選ばれた。

 「ことばキャンバス」はイギリスのWonky Star社が企画開発した教育機関向け「Night Zookeeper」の日本語版で、言語のほかに日本の教育や文化にも合わせて作られている。キーボードを使った文章の作成や、マウスタッチによる描画、チャットコミュニケーションによるモラル学習の交流活動ができる。また、国語授業で学習した言葉や表現方法を使った創作や、総合学習などでの課題発表にも活用できる。

 遊び心満載のコンテンツデザインで、発想力や表現力を楽しみながら伸ばすことができるという。ことばキャンバスを利用しているすべての学校や教室で創作活動を共有することもできるので、創作コンクールや作文イベントなどにも参加できる。また、生徒の作文への評価項目は先生が独自に作ることができるので、実際のカリキュラムを登録することで、クラスや学年の評価基準に沿った採点ができる。

 小学校や学童を対象に販売している「ことばキャンバス」は、1クラス40名までのスクールプランが年額9万円(税別)。1クラス5名までのホームプランが年額1万5,000円(税別)となっている。ユーザ登録をすると2週間、すべての機能を無料で使うことができる。

◆ことばキャンバス
販売対象:小学校・学童(アフタースクール)
動作環境:Webブラウザ
 端末 Windows PC、Mac PC、Chromebook、iPad
 通信 インターネット接続環境
※すべての動作環境で同等に動作する保証がないので、無料のお試し期間中に動作確認をすること
価格(税別):
 スクールプラン 年額9万円/1クラス(40名まで)
 ホームプラン 年額1万5,000円/1クラス(5名まで)
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)