教育ICT用語

大量・高額な学習教材の契約は要注意、解約条件の確認を

生活・健康 保護者

 国民生活センターは2月16日、子どもサポート情報に「大量・高額な学習教材の契約は慎重に」を掲載した。学習教材の勧誘電話から発生した事例とともに、一度に大量で高額な契約を結ぶのは避けることなどのアドバイスを紹介している。

 子どもサポート情報では、勧誘電話があり自宅で教材の説明を受けた中学生の保護者の事例を紹介。教材は中学3年分で60万円と高額で不安を覚えたが、「この教材で勉強しない子はいない」などと言われ、特典の学習用タブレットも魅力的で契約を結び、代金も支払ってしまったという。しかし、再度タブレットの使い方の説明に来るはずが来訪せず、問い合わせても態度が豹変し、不信感を抱いた。子どもも教材に興味を示さないため解約したい、という話だった。

 この事例について、学習教材は実際に使ってみないと合うかどうかわからないこと、「特典がつく」などを強調して迫られてもその場での契約は避けること、契約書をよく読み、解約の条件なども確認しておくようアドバイスした。また、心配なときは、居住している自治体の消費生活センターなどに相談するよう呼びかけた。

 国民生活センターの「子どもサポート情報」は、ホームページからはイラスト入りのリーフレット(PDF形式)で閲覧できるほか、登録をすることでメールマガジン(TEXT形式)が配信される。メールマガジンは無料(通信料金は除く)で利用できる。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック