リセマム6周年

平日夜・休日も対応、経産省が電力自由化の集中相談窓口を開設

生活・健康 その他

経済産業省
  • 経済産業省
  • 経済産業省作成「電力自由化に関するパンフレット」
  • 経済産業省作成「電力自由化に関するパンフレット」
 経済産業省は、4月1日から始まる電力小売全面自由化の実施に向け、3月26日~4月15日の期間、平日夜間および休日に、迷惑・不審な勧誘事例などの情報提供や消費者の疑問・心配事についての相談窓口を開設。電力自由化に向け、集中相談窓口体制を敷く。

 今回の取組みは、経済産業省の電力取引監視等委員会が通常平日の日中に開設している相談窓口について、3月26日~4月15日までの期間、平日夜間および休日も開設し、消費者からの電力自由化に関する相談に応じるというもの。電力自由化の開始が近づく中、消費者の「駆け込み寺」としてさまざまな疑問や質問に応じる。

 また、3月13日には、「家庭向け電力自由化なんでも110番」として1日相談窓口を開設。日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会(NACS)の専門の消費生活相談員が、電力自由化についての相談に電話で応じる。

 3月26日~4月15日の期間は、通常午前9時30分~午後6時30分までのところ、午前9時30分~午後10時まで相談窓口を開設。合わせて休日も午前9時30分~午後5時30分まで相談を受け付ける。

◆電力自由化に向けた集中相談窓口開設
【電力取引監視等委員会による電話相談】
日程:3月26日(土)~4月15日(金)
時間:平日9:30~22:00(12:00~13:00を除く)、休日9:30~17:30
※通常は9:30~18:30(12:00~13:00を除く)
相談先:電力取引監視等委員会相談窓口
※電話番号は経済産業省Webサイトで確認できる

【家庭向け電力自由化なんでも110番】
日時:3月13日(日)10:00~16:00
相談先:NACS内設置の専用ダイヤル
※電話番号は経済産業省Webサイトで確認できる
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)