リセマム6周年

上野が舞台、国内最大級クラシックの祭典「東京・春・音楽祭」開幕

趣味・娯楽 その他

東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森 2016―
  • 東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森 2016―
  • 開催スケジュール
  • 東京・春・音楽祭 ―東京のオペラの森 2016―
  • 開催プログラム(一部)
 桜の季節の上野を舞台にした国内最大級のクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭―東京のオペラの森 2016―」が、3月16日に開幕した。12回目を迎える今回は4月17日までの期間中、上野の森のさまざまな施設を舞台に国内外の一流アーティストによるコンサートなどが開かれる。

 「東京・春・音楽祭」は、毎年春の上野を舞台に開催される国内最大級のクラシックの祭典。文化・芸術の集まる上野公園の東京文化会館、各美術館・博物館などの各施設を拠点に、国内外の一流アーティストによるオペラやオーケストラ、室内楽など幅広いコンサートが披露される。また会期中は、音楽ホールだけでなく上野の駅やカフェ、レストラン、オフィスビル、お花見会場など多様な空間で約130のコンサートが開催される予定。

 12回目の開催となる今回は、イタリア人指揮者リッカルド・ムーティが日伊国交樹立150周年を祝う記念公演を指揮し、音楽祭のオープニングを飾る。また、毎年恒例のNHK交響楽団との「東京春祭ワーグナー・シリーズ」では、「ニーベルングの指環」4部作を順次上演する。大編成の管弦楽と合唱が織りなすハーモニーを楽しめる「東京春祭 合唱の芸術シリーズ」なども聴きどころだ。

 また、2015年の開催時に好評を得た参加者が指揮者になれる体験型イベント「指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園」や、毎年恒例の無料ミニコンサート「桜の街の音楽会」も開催。重要文化財も含まれる美術館や博物館の持つ荘厳な雰囲気の中でクラシック音楽を聞く「ミュージアム・コンサート」や、子どもたちにクラシックを身近に感じてもらえるような音楽プログラム「東京春祭 for Kids」など、特別イベントも多数開催される。

 会期中は上野の街全体を舞台に大小さまざまなプログラムが行われる予定。中には無料で楽しむことのできるプログラムも用意されている。イベントWebサイトでは、プログラムの紹介や会場案内、チケットの申込方法などを紹介している。

◆東京・春・音楽祭―東京のオペラの森 2016―
期間:3月16日(水)~4月17日(日)
会場:上野恩賜公園(東京文化会館、上野学園 石橋メモリアルホール、国立科学博物館、東京国立博物館、東京都美術館、国立西洋美術館、上野の森美術館)、東京芸術劇場など
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)