教育ICT用語

タブレットやスマホで月面を撮影、スマホ天体望遠鏡発売

教育ICT その他

DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA
  • DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA
  • タブレットやスマートフォンを使って迫力満点の月面を撮影・観望できる
  • 光学ガラス製アクロマートレンズに7層のマルチコーティングを施している
 光と色彩の能力テストを行っているTOCOLは3月16日、タブレットやスマートフォンを使って月面を撮影・観望できる「DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA」を発売した。初心者でも扱いやすい構造で、最高クラスの描写力を実現。価格は9,000円(税別)。

 「DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA」は、タブレットやスマートフォンを使って迫力満点の月面を撮影・観望できるカートン組立式の望遠鏡。「タブレット・スマートフォン対応」「最高クラスの描写力」「使い勝手の良さ」が最大の特徴で、初心者でも扱いやすいという。

 有効口径は38mm、光学倍率約35倍。望遠鏡は一般的に口径が小さいと解像度が落ちるが、スマートフォンとの相性を優先した構造をしているため、デジタルズームと併用して最大倍率約140倍でも高精細で観望できるという。iPhone 6Sの4K動画で美しい動画撮影や、大画面のタブレットを使ってみんなで一緒に天体観望を楽しむこともできる。また、付属の「太陽投影板」を使えば、黒点や日食などの太陽観察も安全に楽しめる。

 望遠鏡の接眼レンズ部(接眼鏡)は、そのまま光学約25倍の「スマホ25顕微鏡」「スマホ25偏光顕微鏡」として使うこともできる。スマホ25顕微鏡では、ミジンコやヤマトエビなどの水中生物も生きたまま観察できる。

 「DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA」の価格は9,000円(税別)。教材販売サイト「リランフェート」やAmazonのほか、全国の丸善&ジュンク堂書店、東急ハンズなどで購入できる。なお、三脚や雲台は付属していない。

◆TOCOL「DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDA」
発売日:3月16日(水)
価格:9,000円(税別)
サイズ:縦296mm×横244mm×厚さ39mm

◆DIY スマホ天体望遠鏡MoMoPANDAで撮影した月と木星(iPhone 6s 4K動画/撮影地:東京都渋谷)
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック