教育ICT用語

先生にもっと便利を…世界で拡がる「Google Classroom」の機能と利便性

教育ICT 先生

Google for Education日本統括責任者の菊池裕史氏
  • Google for Education日本統括責任者の菊池裕史氏
  • Google Classroom:先生側の設定画面でクラスを作成する
  • Google Classroom:クラスのストリーム画面
  • Google Classroom:生徒の課題提出状況が一目でわかり、管理しやすい
  • Google Classroom:新たに設けられた「質問」機能
  • Google Classroom:先生側のドライブには、クラスごとのフォルダーが作成される
  • Google Classroom:課題が出されると、生徒側にメールでリマインドが届く
  • Google Classroom:提出した課題はClassroom上で返却される
 教育のICT化にともない、さまざまなデジタルサービスやツールが教育現場に取り入れられるようになっている。Google for Education日本統括責任者の菊池裕史氏に、デジタルサービスを教育現場で使う意義や活用例を聞いた。

 Googleが提供する「Google Apps for Education」はメールの「Gmail」や、「マイクロソフトオフィス」と互換性をもつ「ドキュメント」、クラウドストレージの「ドライブ」、「カレンダー」などのツールを先生と生徒が共有するサービス。現在は全国の大学や高等学校、中学校でも採用されている。審査に通った学校で、学校の決めたポリシーのもと、先生と生徒はGoogle Apps for Educationのツールをすべて無料で使用できる。

 さらに、Googleは2015年からは先生向けの支援ツール「Google Classroom」の提供を開始した。Google Classroomでは、授業ごとにクラスを作り、掲示板や課題提出などの管理が簡単に行えるため、Google Apps for Educationの利便性が格段に上がっていると言えるだろう。

 現在、全世界では5,000万人のユーザーが「Google Apps for Education」を利用しており、「Google Classroom」のユーザーは1,000万人にのぼる。Google Classroomの機能や、教育現場でデジタルサービスを利用する意義とは一体、何だろうか。

【次ページ】個人向けGoogleサービスを教育現場へ…Google Apps for Educationへ
《相川いずみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)