教育ICT用語

大学の半数以上、入試にTOEICを活用…IIBC調査2015

教育・受験 大学生

調査結果の概要 出典:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEICテスト 入学試験・単位認定における活用状況2015」を参考にリセマムが作成
  • 調査結果の概要 出典:(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会「TOEICテスト 入学試験・単位認定における活用状況2015」を参考にリセマムが作成
  • 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)
 入試においてTOEICテストを活用している大学は751校中380校にのぼることが、TOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)の調査からわかった。また、高等専門学校では、7割以上が単位認定に活用していた。

 「TOEICテストの入学試験・単位認定における活用状況2015」は、全国の大学・短期大学・高等専門学校における入試および単位認定でのTOEICスコア所持者への優遇措置について、国際ビジネスコミュニケーション協会が独自調査を実施したもの。2015年10月から12月かけて、大学751校、短期大学336校、高等専門学校57校の計1,144校に対して、電話による聞き取り調査、インターネット調査を行った。原則、入学試験は2016年4月入学分、単位認定は調査時(2015年)の活用状況をまとめている。

 調査を行った1,144校のうち入学試験にTOEICを活用している学校数は、大学380校、短期大学98校、高等専門学校38校、計516校。単位認定については、大学367校、短期大学78校、高等専門学校41校、計486校が活用していると回答した。回答した学校のうち、入学試験や単位認定にTOEICを活用している割合は特に高等専門学校で高く、入試は66.6%、単位認定には71.9%と多くの学校が活用していることがわかった。大学は入学試験、単位認定のいずれにおいても、活用していると答えた学校が半数近い割合を占めた。

 国際ビジネスコミュニケーション協会が運営する「TOEIC」Webサイトでは、入学試験および単位認定にTOEICテストを活用している学校を地域や学校区分などから検索できる。学部ごとの試験形態や活用方法、基準スコアなどをまとめた一覧表を閲覧可能。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック