アダプティブラーニングとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

教育ICT 先生

アダプティブラーニングとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
  • アダプティブラーニングとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆アダプティブラーニングとは


【読み】アダプティブ ラーニング
【表記】Adaptive Learning、AL、適応学習
【分類】技術/一般常識/その他
【ひとことで言うと】
「個々の生徒にあわせて学習内容を提供すること、その仕組み」
【解説】
 「アダプティブラーニング」は、個々の生徒の進捗に合わせ、学習内容や学習レベルを調整し提供しようというものだ。このこと自体は、熟練の教育者であれば、意識的・無意識的に行っていることであり、ごく当たり前だが、現在のアダプティブラーニングでは、ICT技術やソーシャルメディアなどを活用することで、学習内容・学習レベルの最適化を行えるのが特徴となっている。

 アダプティブラーニングでは、生徒個々の学習の進捗状況をログとして残し、それを分析・反映することで、学習内容を分岐させ、最適化して提示していく。また同じような個所でつまずいている生徒同士をマッチングし、相互学習やグループ学習により、解決に向かうといったことも可能としている。さらには、楽しんで学べる「ゲーミフィケーション」の考えを採り入れる場合もある。

 アダプティブラーニングに注力したeラーニングシステムも複数登場しており、具体的には、「Knewton」「fishtree」「すらら」「RICS」などがある。

【関連用語】アクティブラーニング、ゲーミフィケーション
【最終更新日】2016年4月19日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)