関学大、早大を破り2年ぶり優勝…甲子園ボウル

趣味・娯楽 大学生

甲子園ボウル、関学大が早稲田を破り2年ぶりに優勝
  • 甲子園ボウル、関学大が早稲田を破り2年ぶりに優勝
  • 甲子園ボウル、関学大が早稲田を破り2年ぶりに優勝
  • 甲子園ボウル、関学大が早稲田を破り2年ぶりに優勝
「第71回甲子園ボウル」決勝戦が2016年12月18日(日)に行われ、関西学院大学が早稲田大学を31対14で制し、2年ぶり28度目の優勝に輝いた。

大会史上初となった関西学院大学と早稲田大学の戦いは、早大のキックオフでスタート。ファーストシリーズで関学大が敵陣21ヤードまで攻めたが、38ヤードFGが失敗に終わった。しかし、次の早稲田の攻撃をパントに抑え、最後はゴール前11ヤード地点からの第1ダウン10ヤードでQB 伊豆が先制タッチダウンを奪った。

7点を追う早大は、自陣35ヤードからスタートした攻撃のファーストプレイで一気に敵陣へ攻め込むと、ゴール前4ヤードからRB 北條敦史がエンドゾーンに持ち込み、試合を振り出しに戻した。

関学大は第2Q、RB 加藤隆之が勝ち越しの6ヤードタッチダウンラン。直後の早大の攻撃で、9ヤードのインターセプトリターンタッチダウンをLB 山本祐輝が奪い、21対7の14点リードで前半を折り返した。

早大は後半最初、須貝和弘、北條の両RB軸にしたランプレイで徐々に前進するとゴール前9ヤードまで攻め込んだ。3回連続パス失敗となった後のフォースダウンギャンブルでQB 坂梨陽木からWR 田島広大へのタッチダウンパスが通り、14対21とした。関学大は第4Q、K 西岡が21ヤードFGに成功。12分57秒には、野々垣が21ヤードタッチダウンラン。31対14で勝利した。

MVPは関学大のQB 伊豆、敢闘賞は早大のLB 加藤樹が選出された。大学日本一となった関学大は、東京ドームにて2017年1月3日(火)に開催されるアメリカンフットボール日本選手権「プルデンシャル生命杯第70回ライスボウル」への出場が決定。社会人王者の富士通フロンティアーズと対戦する。

甲子園ボウル、関学大が早稲田を破り2年ぶりに優勝

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)