2千円台から楽しめるプログラミング、子ども向けPC「IchigoLatte」

教育ICT 小学生

IchigoLatte
  • IchigoLatte
  • 商品概要
 ソフトウェアを扱うナチュラルスタイルは、JavaScriptでのプログラミングに特化した子ども向けパソコン「IchigoLatte」を1月20日から販売開始した。IchigoLatteハーフキットの価格は2,000円(税別)、IchigoLatte組立完成版の価格は2,200円(税別)。

 IchigoLatteは、プログラミングを学ぶことができる子ども向けパソコン。テレビ、キーボード、電源につなぐだけで、JavaScript(ECMAScript)によるプログラミングが可能となっている。キーボードのみで操作するので、マウスは必要としない。インターフェースにはIchigoLatteのために開発された「lash」を使用。キーボードで打ち込むだけで、数個のコマンドとその組合せを簡単に操作できる。

 IchigoLatteでは、文字や絵文字を自由に動かして、オリジナルゲームを作成できる。プリント基板には自由に電子回路を組むことができるスペース、通称「Latteキャンバス」を装備。IoT機器の製作も可能だ。また、汎用入出力ポートやシリアル通信ポートが備えられているため、接続したロボットのプログラム制御も可能。湿度センサーや温度センサーからデーターを取得し、プログラムで処理することもできる。

 IchigoLatteで作ったプログラムは、子ども向けプログラム投稿サイト「Kidspod;」に投稿することで、世界に向けて配信もできるという。また、「Kidspod;」で展開されているサービス「LattePlayer」の使用で、Webブラウザ上でIchigoLatteのプログラムの起動が可能。LattePlayerの利用で、IchigoLatte本体がなくても作成したプログラムで遊べたり、スマホのゲームをIchigoLatteで作成したりすることもできるという。

 IchigoLatteハーフキットは、ユーザーが一部の部品を基板にはんだ付けしてコンピュータを完成させるキット。はんだこて、はんだなどの工具を使用して、初心者でも電子工作が楽しめるキットだという。IchigoLatte組立完成版は、すべての部品がはんだ付けされたキット。どちらも「USB&PS/2キーボード」と表記されているキーボード、ビデオ入力端子が付いたテレビなどのモニター、microUSB端子付きの電源5Vが必要。IchigoLatteのWebサイトより販売される。

◆子ども向けパソコンIchigoLatte
CPU:LPC1114 Cortex-M0 48MHz
RAM:4KB
FLASH:32KB(USER 2KB×1)
解像度:256×192(32文字×24文字)
色数:2色(白・黒)
入出力:ビデオ出力端子×1、キーボード用USB端子×1、汎用出力ポート×6、汎用入力ポート×4(AD×1)、シリアル通信ポート×1、2IC×1、LED×1、ボタン×1
電源:microUSB(5V)
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)