リセマム6周年

依然厳しい状況だが理系女子は9割に内定…2011就活データ

生活・健康 その他

10月1日現在の内定状況[改]
  • 10月1日現在の内定状況[改]
  • 10月1日現在の内定率の推移
  • 中小企業を受けた理由
  • 中小企業を受けていない理由
 ディスコは10月22日、来春卒業予定の大学生の就職内定率に関する調査結果を発表した。調査対象は、全国の大学4年生と修士課程の2年生(理系のみ)の合わせて2,000人。調査期間は10月1日〜11日、インターネット調査法によるもの(回答数923人)。

 それによると、10月1日現在の内定率は76.9%と、前年に続いて8割を下回る厳しい状況だという。校種別では、国公立が84.0%、私立が70.1%と、国公立は前年のデータを上回り、両者に大きな差が生じる結果となった。

 男女別、文・理系別の内定率をみると、理系の女子が89.7%と高い数値をあげている。また、従業員300人未満の中小企業についてたずねたところ、「受けた」と回答した学生は52.1%となった。その理由として「やりたい仕事に就ける」、「企業として独自の強みがある」「会社の雰囲気がよい」といった理由があげられている。一方「受けていない」と答えた理由としては。「安定性に欠ける」「知名度が低い」という回答が半数近くに上る結果となった。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)