リセマム6周年

【中学生】個性を尊重する自由な校風が魅力、渋谷教育学園幕張

教育・受験 学校・塾・予備校

写真はイメージです。本文とは関係ありません
  • 写真はイメージです。本文とは関係ありません
 渋谷教育学園幕張中学校に通う達也くんは、公務員のお父様と専業主婦のお母様、小学生の妹さんとの4人で、京葉線沿線に暮らす。

 お母様によると達也くんは物静かで、小学生の妹さんの面倒をよく見てくれるやさしいお兄さんだという。渋幕の志望動機としては、教育方針や個性を尊重する校風のほかに、体があまり丈夫でない達也くんが無理なく通学できる立地というのもあったそうだ。素晴らしい進学実績もさることながら、文教施設が集まる緑豊かな環境や、生徒一人一人の個性を尊重する自由な校風も同校の魅力となっている。

 渋谷教育学園幕張高等学校は、男女共学の高校として1983年に千葉県の幕張新都心に設立され、3年後の1986年に附属中学校が開校した。姉妹校の渋谷教育学園渋谷高等学校と並び、共学の中高一貫校として今や首都圏でトップクラスの人気を誇る。同校の特徴ある取組として、年に6回の校長講話や豪華講師陣による進路講演会があげられる。講師として、昨年は茂木健一郎氏、今年は明石康氏が来校したそうだ。

◆学習スタイルは?
 孤独な受験生にさせないように、勉強はリビングでさせた。飽きてきたら、おやつタイムにしてリフレッシュさせた。受験の際には、早稲田アカデミーに通塾。

◆携帯はいつから? きっかけは?
 小学校6年生になり、塾が終わる時間が不定期になったのをきっかけに持たせた。

◆お小遣いは?
 なし。欲しい物があれば請求させる。

◆保護者会の雰囲気は?
 明るくてお話上手なお母様が多く、保護者会の出席率はほぼ100%。ランチ会が年2回ほどあり、堅苦しい感じではなく、盛り上がる。

【渋谷教育学園幕張中学校・高等学校】
 千葉市美浜区にある共学の中高一貫校。

※ 名前は仮名です。
※ 記事は取材にもとづいて作成しておりますが、本人を特定できないように一部アレンジしております。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)