リセマム6周年

【中学生】緑豊かな環境と充実の施設、立教新座中学校

教育・受験 学校・塾・予備校

写真はイメージです。本文とは関係ありません
  • 写真はイメージです。本文とは関係ありません
 立教新座中学校に通う陸くんは、会社役員のお父様、専業主婦のお母様、小学生の弟さんとの4人家族。陸くんもご両親も同校の緑豊かな環境や充実した設備に憧れ、早くから立教新座を志望していたそうだ。

 立教新座は、埼玉県新座市にある中高一貫の男子校で、東京からのアクセスもよいことから、埼玉のほか東京からも多くの生徒が通学する。人数は多くないが、神奈川、千葉など広範囲から生徒が集まっている。

 学習面では、中高とも2年、3年次に選択科目が設定され、各々の興味・関心にあったテーマを、深く自由に学ぶことができるのも特長。卒業生の8割以上が立教大学へ進学するが、他大学を志望する生徒もおり、高校2年生からは他大学進学クラスを1クラス設けているそうだ。他大学では、早慶の合格者が多い。

 同校は、部活の種類が豊富で、活動も活発だ。陸くんは体育部に所属する。中学の活動日数は、文化部が週2~4、体育は週3~5日だが、高校で体育部の活動はさらに活発になり、週5~6日活動する部が多いのだそうだ。

 立教は「キリスト教に基づく教育」を建学の精神に掲げており、学校生活の中に「祈り」のひとときが用意され、キリスト教や聖書を学ぶ科目がある。12月のこの時期は、イルミネーション点灯式に始まるクリスマス行事が多数開催され、多くが一般にも開放される。

◆学習スタイルは?
 家庭学習は主にリビングで。受験生の頃は、ストレスが溜まらないよう、6年の11月までの塾のない日は放課後友だちと遊ばせた。その後はゲームも遊びも断ち、受験モードに変換した。

◆携帯はいつから? きっかけは?
 塾の送迎の際の連絡用に、小学校5年生から。

◆お小遣いは?
 月3,000円

◆保護者会の雰囲気は?
 出席率はほぼ100%で、服装はスーツやワンピースの方が多い。食事会はクラスごとに各学期(3学期制)1回あるかないかくらいの頻度で行っている。ほかには、小学校から仲のよいお母様同士や、部活動やボランティアを通じての仲間でランチなどを楽しんでいる。

【立教新座中学校・高等学校】
 埼玉県新座市にある中高一貫の男子校。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)