リセマム6周年

ベートーヴェンの全交響曲連続演奏会、慶應が大晦日にネット配信

教育ICT インターネット

ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010
  • ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010
  • 慶応義塾
 慶應義塾大学は、学部研究科横断型研究・教育プログラムの一環として「ベートーヴェン・インターネット配信実行委員会」を設置し、12月31日に東京文化会館大ホールにて開催される「ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010」(指揮:ロリン・マゼール)を、3D・高品質の映像と音声で、全世界に向けてインターネット配信する。

 同コンサートは、ロリン・マゼール氏とメイ・コーポレーション代表取締役の三枝成彰氏をはじめとした関係者による芸術イベントで、今回8回目となる。指揮を務める世界的巨匠ロリン・マゼール氏は今年80歳を迎え、世界各地で記念公演が行われたが、同公演はそれらを締めくくるイベント。また、ベートーヴェンの全交響曲を一つのオーケストラで一日に全曲を指揮するのはマゼール氏にとっても初めてのこととなる。管弦楽は岩城宏之メモリアル・オーケストラ、コンサートマスターはNHK交響楽団第1コンサートマスターの篠崎史紀氏。

 配信されるコンサート映像は、インターネットを用いアジア諸国の高等教育に貢献することを目的に、各パートナー大学に対しリアルタイムの授業配信や講義の共有等を行っている「SOI(School on Internet)Asia プロジェクト」のネットワークでアジア14か国の大学に届けられ、子供たちが音楽を楽しむための教育プログラムを実施するほか、学術ネットワークとも協力しながら、さまざまな形式で世界の国に届けられる。

 当日は、芸術と教育の新たな形を考えるための体感実験・討論会を慶應義塾大学日吉キャンパスにて行う。また、子供向けプログラムも実施予定(第1部のみ)。

◆ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2010
日時:12月31日 13:00〜23:35(トークなどを含む、演奏は約6時間)
場所:東京文化会館大ホール
主催:メイ・コーポレーション
曲目:ベートーヴェン全交響曲
指揮:ロリン・マゼール

◆インターネット配信について
全曲をリアルタイムに、一般インターネット、学術ネットワーク、アジア広域衛星インターネット等を利用して、PC、3Dディスプレイ、モバイル環境など多様なデバイスでの実験配信を行う。詳細は特設サイト「Beethoven for All」より随時アップデートする
※配信される映像および音声の録画・録音は許可されていない

◆3Dコンサート体感実験・パネル討論会
日時:12月31日 12:00〜24:00 第1部〜第5部
場所:慶應義塾大学日吉キャンパス協生館3階
交通アクセス・キャンパスマップ
プログラム概要:
・小池康博教授率いる慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)による3Dコンサート体験実験:13:00〜23:35(5部構成・部分参加あり)
・パネル討論会
第3部の一部として鑑賞後開催(約60分)パネリスト:村井純、稲蔭正彦、小池康博(予定)他
・子供向けプログラム:12:00〜
第1部の3Dコンサート体験を含む
参加者:慶應義塾関係者ほか、若干の一般公募あり
※詳細についてはWebに掲載予定
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)