リセマム6周年

イケア、子どもの快適な住まいを考える無料イベントを2月に開催

生活・健康

IKEA
  • IKEA
  • IKEA JAPAN
 スェーデン発のホームファニッシングカンパニー、イケアの日本法人イケア・ジャパンは2月23日、「子ども部屋についてみんなで考えてみよう!」パネルディスカッションを開催する。1月11日より参加者の募集を開始する。

 「家が世界で一番大切な場所」「子どもは世界で一番大切な存在」を企業理念として掲げるイケア。小学校入学を控え、子ども部屋を作るかどうかを考えるこの時期に、「子どもたちにとって、快適な住まいとは何か?」をテーマとしたパネルディスカッションを開催する。パネリストには、東京電機大学教授の勝又洋子氏、医学博士の吉田たかよし氏、せたがや子育てネット代表・松田妙子氏、イケア・ジャパン社内保育施設「ダーギス」園長の渡邊クリスティーナ氏を迎える。

 同社によれば、未就学児をもつ保護者から「子ども部屋を作るかどうか悩む」「子ども部屋を作ったけれど、実際に子ども達が使わない」などの声がある一方で、「子ども部屋よりもダイニングルームで家族と一緒に勉強したほうが、はかどるのでは?」といった意見もあるという。

 イベントはパネリストによる討論のほか、参加者からの質問に答えながら参加者全員で「子ども部屋」「子どもにとって快適な住まいとは何か?」について考えていくという。

◆子どもたちにとって、快適な住まいとは何だろう。子ども部屋についてみんなで考えてみよう!
日時:2月23日(水)
受付開始:11:00
パネルディスカッション:11:30〜12:30
懇親会:12:30〜13:30
会場:3331Arts Chiyoda(旧・練成中学校校舎)
   東京都千代田区外神田6丁目11-14
参加費:無料
※抽選で「子ども部屋まるごとプレゼント」、全員に参加賞
定員:200名
募集期間:1月11日(火)〜2月6日(日)
申込み:氏名、年齢、連絡先メールアドレス、子ども同席人数、託児所利用(年齢・人数)、質問(日頃、疑問に思っていることなど140文字以内)を記入の上、下記までメールで申し込み
info@ikea-kids.com(@を半角にして入力)
問合せ先:03-3498-2770 パネルディスカッション事務局 キャンドルウィック内
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)