リセマム6周年

8割以上が学業より就活優先、学生時代にチャレンジしたいことも

生活・健康 その他

就職活動と学業の両立に関して、あなたの考えに最も近いものをお選びください
  • 就職活動と学業の両立に関して、あなたの考えに最も近いものをお選びください
  • 仮に就職活動が卒業1年前からの準備で間に合うとしたら、もっとチャレンジしたいことは何ですか(複数回答)
  • 日本貿易会が経団連に対して、「新卒採用解禁は大学4年生夏以降に」と呼びかけています。この呼びかけに賛成ですか?反対ですか?
  • 採用選考夏以降に関する賛否のコメント
 人事総合ソリューション企業のレジェンダ・コーポレーションは1月11日、2012年4月に入社希望の学生の就職活動について動向調査を行った結果を発表した。調査期間は2010年11月10日〜11月16日、有効回答数16,171名(文系男性3,835名、文系女性6,038名、理系男性4,175名、理系女性2,123名)。インターネットによる調査。

 2012年4月入社の就職活動中の学生(以下、就活生)に、就職活動と学業の両立に関してどのように考えているか尋ねたところ83.4%の学生が「就活を優先する」と回答し、大半の学生は就活を優先したいと考えていることがわかった。

 また、就活生の多くが大学3年生のときに活動を開始する中、もし就職活動が卒業1年前からの準備で間に合うとしたら、どんなことにチャレンジしたいかを尋ねてみた。すると約半数の学生が「資格取得」や「学業・研究」と回答したほか、「旅行」や「留学」など、学生時代ならではの経験をしたいと考えていることがわかった。

 企業の採用選考が夏以降になることについては「賛成(44.1%)」「反対(33.6%)」とその賛否が分かれる結果となり、賛成派は「学業を優先できる」ことを歓迎する一方、反対派は「企業の足並みがそろわなければ結局は長期化する」「卒論に影響が出る」など、より現実を見据えた意見も出ている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)