リセマム6周年

経済産業省、「新卒者就職応援プロジェクト」で実習生受入企業を公表

生活・健康 その他

人材対策事業(人材橋わたし)
  • 人材対策事業(人材橋わたし)
  • 中小企業庁 人材橋わたし
 経済産業省の中小企業庁は1月27日、「新卒者就職応援プロジェクト」の実習生受入企業を中小企業庁ホームページにおいて公表すると発表した。

 同プロジェクトは、特に支援が必要な未就職新卒者および今春以降の卒業予定者に、中小企業の現場等においてインターンシップを提供して就職につなげてもらうとともに、中小企業に活躍の場を見出す機会にしてもらうことを目的としている。採用意欲のある中小企業と若手人材との橋わたしを行う事業である。

 プロジェクトでは、実習期間を原則6ヶ月とし、実習生に日額7,000円、受入企業に日額3,500円の助成金を支給する。実習プログラムに沿って職場実習を実施し、コーディネート機関が事前カウンセリングから終了まできめ細かく支援するという。受入企業は「新成長戦略」(平成22年6月閣議決定)に関連する 分野をはじめとして、ものづくりや商店など幅広く対象としている。

 平成22年度上期は4,988件の実習が成立したが、受入企業約2,500社のうち、公表に対し承諾を得られた1,700社について公表するという。下期は15,000件の成立を目指し、成立した実習については漸次、受入企業の公表を行う予定。また、学生や新卒者等が企業に関する情報を入手しやすくするため、現在ホームページを開設していない企業に対しては、中小企業庁が作成を支援する。新卒者就職応援プロジェクトについての詳細は中小企業庁の人材対策事業(人材橋わたし)で見ることができる。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)