リセマム6周年

Googleが先生向け活用サイト開設、安全利用のためのガイドも

教育ICT インターネット

先生向けGoogle活用術
  • 先生向けGoogle活用術
  • 先生向けGoogle活用術 石油の消費量を見る
 グーグル(Google)は2月1日、教育関係者用のサイト「Google For Educators」をリニューアルし、新たに「先生向けGoogle活用術」と題したWebサイトを開設した。

 同サイトは、授業に役立つ資料や児童生徒向けのインターネット活用に関する資料を提供していくことを目的に昨年10月に開設された。小学5・6年生および中学生の学年別、また国語・理科・社会・英語の学科別に、Googleを使ってインターネット上の必要な資料にアクセスする方法を詳しく解説している。

 たとえば、Google Earthと連動し、世界の石油量をグラフィカルに表示する方法や、方言の理解のためにYouTubeで動画を探す方法など、実際の授業の単元に沿ったさまざまな事例が紹介されている。

 今回のリニューアルにともない、同じく2月1日に開設された「Google 安心利用のために」ページへのリンクを設置。そちらでは、青少年に不適切な検索結果を表示しないようにする「セーフサーチ」の設定や、有害コンテンツを発見した際の報告の仕方などを解説している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)