リセマム6周年

【地震】報道関係者は「子どもに被災体験を語らせないで」…日心臨

生活・健康 健康

日本心理臨床学会
  • 日本心理臨床学会
 日本心理臨床学会・支援活動委員会が東北地方太平洋沖地震の被災者への心のケア活動の一環としてホームページに掲載している「災害と子どもの心のケア」には、報道関係者に向けた注意も掲載されている。

 「災害と子どもの心のケア」によると、命をおびやかすような怖い体験からの回復には、「安心・絆・表現・チャレンジ」の体験が必要で、それを段階的に実施することが重要という。また、被災体験は安全・安心・信頼の関係性のなかで表現されてこそ、回復への力になり、逆に安心・信頼のない状態で表現を強いることは子どもに二次被害を与えるという。このことから、報道関係者は「被災した子どもたちに被災体験を語らせたり、絵に描かせたりしないでほしい」としている。

 また、研究のためのアンケート調査についても警告。阪神淡路大震災や中国四川大震災では調査公害が多発していることから、被災した子どもの利益にならない研究のためのアンケート実施による二次被害に注意を呼び掛けている。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)