リセマム6周年

カメラ付携帯電話で自動車税を納税

生活・健康 交通・クルマ

モバイルレジによる支払いイメージ
  • モバイルレジによる支払いイメージ
NTTデータは、東京都の自動車税に携帯電話によるバーコード読取型決済サービス「モバイルレジ」を活用したクレジットカード払いが可能になったと発表した。

5月2日からモバイルレジを利用して東京都の自動車税の支払いができる。

モバイルレジは、請求書・納付書に印刷されたバーコードをカメラ付き携帯電話で読み取り、モバイルバンキングを利用して支払うサービス。2007年からサービスを開始した。今回、東京都から指定代理納付者の指定を受けたトヨタファイナンスとの提携により、決済連携によるクレジットカード納付を実現した。

モバイルレジを利用すれば、コンビニエンスストアや銀行窓口へ出かける必要がなく、自宅や外出先から携帯電話の操作で東京都の自動車税を支払うことができる。

東京都としても納税者の利便性向上や納期内納税の促進に役立つと見ている。

NTTデータでは、地方自治体向け公金収納サービスとして「コンビニ払い」「ペイジー払い」「モバイルレジ払い」を提供しており、「モバイルレジ払い(クレジット)」もラインアップに加え、2013年度中に100自治体へのモバイルレジ導入を目指す。
《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)