リセマム6周年

スマホユーザーの半数以上、布団のなかでほぼ毎日利用

デジタル生活 モバイル

布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(デバイス別) 布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(デバイス別)
  • 布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(デバイス別) 布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(デバイス別)
  • 布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(性年代別) 布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況について(性年代別)
  • 休日・平日の平均睡眠時間 休日・平日の平均睡眠時間
  • 布団の中で利用する携帯電話/スマートフォンの機能・コンテンツについて 布団の中で利用する携帯電話/スマートフォンの機能・コンテンツについて
 NTTレゾナントが運営するインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」は12日、全国の20~50代ビジネスパーソンを対象に、就寝時の携帯端末利用に関するアンケートを実施した結果を発表した。調査期間は3月11日~25日で有効回答者数は1818名。

 まず、「平均的な1日あたりの睡眠時間について尋ねたところ」、《休日》は「~7時間(31.5%)」がもっとも多く、僅差で「~8時間(31.1%)」が続いた。《平日》については「~6時間(39.4%)」がもっとも多く、次いで「~7時間(28.1%)」となり、「~5時間未満」の合計も2割を超える結果となった

 「布団のなかでの携帯電話/スマートフォンの利用状況」については、僅差で「ほぼ毎日(26.8%)」が、「布団の近く(寝室)には携帯するが、布団のなかでは利用はしない(25.2%)」を上回った。デバイス別にみると、携帯電話は「ほぼ毎日」が2割程度だったのに対し、スマートフォン(Android・iPhone)はどちらも5割を超え、利用状況に顕著な差があらわれた。性・年代別では、男女共通で若年層ほど利用頻度が高く、女性20代においては「ほぼ毎日」が55.7%となっている。ちなみにごく少数(n=19)のAndroid・iPhone以外のスマートフォンユーザーもいるが、週に1、2回ほどしか触っていないようだ。

 「布団のなかで利用する携帯電話/スマートフォンの機能・コンテンツについて」は、デバイスを問わず「メール」がもっとも高い。ほぼ上位の機能・コンテンツは携帯電話・スマートフォン共通しているものの、スマートフォン(Android・iPhone)は「ニュースサイト閲覧」「SNS(mixi、facebookなど)閲覧・投稿」「ネットサーフィン」「Twitter閲覧・投稿」「アプリ検索」が特に高く、「SNS(mixi、facebookなど)閲覧・投稿」においては利用が4割を超えた。

スマホユーザーの半数以上、布団のなかでほぼ毎日利用…gooリサーチ調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)