リセマム6周年

グーグルの先生向けサイトに新コンテンツ

教育ICT インターネット

先生向け Google 活用術
  • 先生向け Google 活用術
  • 授業で使えるGoogleサービス
  • ポスター
  • ポスター
 グーグル(Google)は、同社が提供する教育関係者向けサイト「先生向けGoogle活用術」に新たなコンテンツを追加した。

 同サイトは、授業に役立つ資料や児童生徒向けのインターネット活用に関する資料を提供する「Google For Educators」として昨年10月にスタート。今年2月にリニューアルして「先生向けGoogle活用術」と改称し、学年別・教科別にGoogleを使ってインターネット上の資料にアクセスする事例を詳しく紹介している。

 今回新たなコンテンツとして「授業で使えるGoogleサービス」コーナーを設置。「Googleマップ」を利用して電車の乗換や駅からのルートを調べたり、オリジナルマップを作る方法や、「ストリートビュー」を使い“地球の裏側”を散策する方法、「Google Earth」での天体観測など、同社のサービスの利用法をわかりやすく解説している。

 またダウンロードコーナーを設置し、Googleの便利な活用法を印刷用ポスターとして利用できるPDFファイルを公開。プリントアウトして教室に貼り、いつでも参照できるようにして、毎日の授業に活用してほしいとしている。

 なお同サイトでは、Googleを利用した活用法について、教育現場の先生からのアイデアを募集している。実践の場での経験を投稿し、サイトを通じて全国の先生と共有してほしいと呼びかけている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)