リセマム6周年

熱中症が急増、全国で2,992人が救急搬送

生活・健康 健康

平成23年熱中症による救急搬送状況(週別推移)
  • 平成23年熱中症による救急搬送状況(週別推移)
  • 都道府県別熱中症傷病者搬送人員数 平成23年6月20日〜6月26日(速報値)
  • 全国の熱中症による救急搬送状況
  • 熱中症対策リーフレット
 総務省消防庁は6月28日、全国の熱中症による救急搬送状況(6月20日〜26日、速報値)を発表した。

 それによると、20日から26日までの1週間に熱中症により救急搬送された人の数は全国で2,992人に上り、前週(6月13日〜19日)の10倍以上に大きく跳ね上がった。またこの数値は、昨年の6月の1カ月間の総人数2,276人をわずか1週間で上回ったことになる。

 都道府県別の搬送人数では、愛知県の444人、埼玉県の308人、大阪府の238人などが目立つが、全国的に前週よりも搬送人数は増えており、特に関東、中部、関西地方などでその伸び率が著しくなっている。

 搬送者の年齢区分では、満65歳以上の高齢者が51.0%と半数以上を占め、続いて18歳〜65歳未満の成人が38.0%、7歳〜18未満の少年が9.8%、生後28日〜7歳未満の乳幼児が1.2%となっている。

 消防庁では、熱中症対策のためのリーフレットを作成し、室温管理やこまめな水分補給などの予防法や、熱中症の初期症状と対処法などをまとめ、予防と対策をよびかけている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)