リセマム6周年

国士舘・MSが学内ICTの全面クラウド化を実現、国内初

教育ICT ソフト・アプリ

「国士舘大学」サイト(画像) 「国士舘大学」サイト(画像)
  • 「国士舘大学」サイト(画像) 「国士舘大学」サイト(画像)
  • 「Live@edu」紹介サイト(画像) 「Live@edu」紹介サイト(画像)
 国士舘大学は30日、日本マイクロソフトと連携し、国内の大学としては初めて学内ICTシステムを全面クラウド化すると発表した。

 国士舘大学は、少子高齢化や教育ニーズの多様化という社会的な背景を受けて、ICTを活用した学生向けサービスの充実で他大学との差別化を図ると共に、年間約9億6000万円に上るICT関連経費の削減によって大学の経営体質の強化を目指しており、「フルクラウド化」もその一環となる。

 具体的には、入試管理、履修管理、Eラーニング、学術リポジトリ(名称:i-Lib kiss)、図書館、就職支援、財務会計、人事・給与など個別に管理していた学内システムをマイクロソフトの提供するクラウドサービス「Windows Azure Platform」「SharePoint Online」「Microsoft Dynamics CRM Online」「Live@edu」に完全移行する。学内SNS(名称:Kaede-i)の提供も行う。4月より入試管理、履修管理、学術リポジトリなど一部のサービスの移行が行われており、2011年9月までに完全移行を予定しているとのこと。

 同大では、さまざまなベンダーから提供されているクラウドサービスを比較検討した結果、開発生産性、運用コスト、システム間連携や横断検索などの観点からマイクロソフトのクラウドサービスを選択したとのこと。

国士舘大学、国内大学として初の学内ICTシステムの全面クラウド化を実現

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)