リセマム6周年

子どもたちの願いを実際に宇宙まで届ける「星に願いを!」プロジェクト

デジタル生活 インターネット

宇宙飛行士 古川聡さん
  • 宇宙飛行士 古川聡さん
  • キャンペーンサイト
 日産自動車は7月6日、セレナが子どもたちの未来の夢作りを応援する企画「星に願いを!」プロジェクトを開始した。

 同プロジェクトは、セレナが提唱する「こども みらい セレナ」のコンセプトを具体化した取組みで、7月7日から放送開始のセレナ新TV CM「宇宙篇」に関連し、子どもたちの未来への夢や願い事を集め、実際に宇宙まで届ける活動を実施するという。

 全国の子どもたちの夢を日産セレナ公式Webサイトで募集。集められた願い事はWebサイトで「宇宙たんざく」として公開され、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の協力で国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士・古川聡さんのところへ届く。古川さんが宇宙で子どもたちの思いを読み上げ、星に届けてくれるという(コメント募集期間は7月6日〜8月6日)。

 また、日産自動車がサポートする東日本大震災後の日本の子どもたちを元気にするプログラム「宇宙子どもワークショップ2011」(JAXA・YAC・KUMA・DiscoveryCHANNEL主催)でも被災地をはじめ全国の子ども達からのメッセージを集めるという。

 古川さんが願い事を読み上げる模様を収めた映像は、東北大学(予定)で開催される「宇宙子どもワークショップin仙台たなばた」(「宇宙子どもワークショップ2011」実行委員会主催)内およびインターネットで公開する予定。

 なお、日産セレナ公式Webサイト内、「星に願いを!」プロジェクトでは、宇宙をテーマにした賞品プレゼントキャンペーンを実施している。賞品である宇宙服(レプリカ)は日産グローバル本社ギャラリーにて展示されるという(展示期間:7月11日〜8月22日)。

◆宇宙子どもワークショップin仙台たなばた
日時:8月7日(日)13:00~15:00
場所:東北大学 川内北キャンパス マルチメディアホール(予定)
収容人数:400人
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)